前に、TechTool Proが良いよという話を書きました

このときは、高いので、FireWire USBにインストールされているバージョンのTechTool Protegeを買わなかったんだけど、MacWorld直前に、Protege相当でブートできるシステムを、iPodとか、USBメモリとか、外部ディスクに作ることができるTechtool Protogoと言うのをリリースしました。

asahi.com の記事にもなってる。

アクト・ツー、旧iPodをMacのメンテナンスツールにできるソフトなど

アクトツーは、販売代理店ですな。

確認したら、Intel Macだと、USBブートできる点で、メモリからもブートできる。Expo特価だったのでアップグレードしてみて、近所で2GのUSBメモリをこれまた特価で買ってきて(2G の SanDisk Cruser Micro が $39.95!) いれてみました。

このツール使うと、色々なタイプのブートディスクを作れます。2G のメモリなのは、Universal Boot できるイメージしかつくれなくて、それは1.2Gあるからです。Intel Only って選択ができないから、これ以上小さくできない。面白いのは、この一つ上の設定だとFinderを動かせるんだけど、Finderが使えるかどうかで、6Gも使用容量が違う点(笑)。緊急用にしては、Terminal.appも入ってるし、1.2Gのブートで十分ということにしました。

ブートは、Cruiserなんで早いかとおもったけれど、思っていたほどははやくない。ハードディスクよりは遅いです。でも、DVDよりは段違いに早いから快適。

出張用時のメンテ用に欲しい向きには、強くお勧めです。ハードディスク型のiPodの角にいれとくのもいいでしょうね。そのうちやっとこう。

ちなみに、このパッケージには、パーティション切り直すツールのDiskStudioってのも付いてます。ちょっと高いんだけど、これ1本で全部入りなので、お勧めかな。AppleCare 買ってる人は、アップグレードできるかも。


blog comments powered by Disqus