去年も同じパターンだったのですが、友人に誘われて、同じ教会のクリスマスミサいってきました。去年フォローアップかくつもりで、書くのを忘れていた。。

友人はカトリックで、そのガールフレンドとガールフレンドの娘さんはそうでない、私はキリスト教徒でもないのですが、まぁ、基本的にそういうところは寛大なのでOK。

この友人に誘われるまで知らなかったんだけど、伝統的には25日になったところでする深夜のミサが本筋らしいんだけど、昨今22時ぐらいにやったり、深夜のはとりやめるところも多いらしいです。

11:30頃から三々五々集まりはじめて、ピアノとパイプオルガンにあわせて合唱が聞けます。0時まわったところで開始。。。なんというか、除夜の鐘なってる頃に神社にいくようなものでしょう。

フォーマットは、日本の教会のと殆ど変わらないし、ミサ中の曲はキリスト教徒でなくてもお馴染みな曲ばかり。違うのは、日本の曲の歌詞は超訳なんだなぁって点ぐらいか。英語の方が分かりやすい気がする。。。

ロサンゼルスっぽいのは、神父さんがバイリンガルなところです。ミサは英語とスペイン語とを平行して使って行われるし、冊子(ミサは冊子に載ってる手順で行われる)もスペイン語の抄訳版が付属している。流石に3:1ぐらいで英語なんですが、朗読は英語とスペイン語と一人づつだった。

ミサは01:30ぐらいまで続き終了。最後の方の聖体拝領は、さすがに、ほぼ全員がうけるから、時間かかるのですねぇ(日本だと、偽物が多いからそうはならない気がする)。

まぁ、クリスマス祝うなら、一度ぐらい教会いってみてもいいんじゃないかと。

うちは奥さんが某カトリック系の高校・大学でてて、マスールにお世話になってるのもあり、結婚してからは、たいがい大学のミサにでてます。奥さんも私もキリスト教徒ではないんですけどね。。ただ、学ぶところは結構あるなと、いつも思う。

メリー・クリスマス


Archived comments:

shippo 26 Dec 2006

英語の歌詞が「♪Silent night Holy night♪」も日本に来ると同じメロディで、カトリックでは前半をとって「♪静けき 真夜中♪」、プロテスタントは後半をとって「♪聖よし この夜♪」と歌いますね。音符の数に合わせると、[超訳]になっちゃうんでしょうね。

shigeya 28 Dec 2006

まぁ、歌詞訳すと、超訳になっちゃうのはじじつだね、たしかに。。。

blog comments powered by Disqus