いや〜。こまった。

仕事の一環で、とあるヨーロッパ方面の企業の文書を読む必要がでてきたんですが、これがねー、一部ドイツ語であることが判明して。。ものによっては、英語とドイツ語並記なんだけど、どうも今後ドイツ語が出てくる可能性が高い。。。文書をよこした人(イギリス人)は、自動翻訳かけて読んでみてよと言っているけど、英語に訳すのと日本語にするのと、どっちがいいだろう。。

学生時代に、第二外国語でちょっとやっただけで、そのまま放置してるんで、能力0。さて、どうしたものだろうか。自動翻訳に頼るのがいいのか、この際だからある程度読めるように努力すべきなのか(1年以内はそんな時間はないと想定され。。)

英語が、そこそこ出来る前提で、技術文書(殆どは仕様書)を読めるようになるのって、どのぐらいかかるのかなぁ。。(殆ど、これは、名指しでコメントを依頼しているようだけど。。メールするかなぁ、詳しそうな人に(笑))

でも、絶対この会社の文書以外は出くわさない予感がするんだけどなあ。


Archived comments:

Kenji_R 19 Sep 2006

ドイツ語は読めないけど :-)

時制表現,動詞の位置,言葉のそもそもの背景がドイツ語と英語では全然違うので,単純に機械翻訳するとfailする可能性が結構ある(元がドイツ語の本を英語で読むとかなりの違和感がある).

ドイツ人の書いた英語の違和感に耐えられるなら英語でもいいとは思うけど.でも,技術文書は結構難しい.仕事ならば英語化を依頼したほうがいいような気がする.

Kenji_R 19 Sep 2006

あ,英語化というのは,単純な機械翻訳ではなくて,筆者自身に英語で書いてもらうなりして少しでも歩み寄ってもらう,という話です.

malte 19 Sep 2006

マルテでございます。どうもお呼びがかかったようなので、コメントさせていただきます。

結論を先に申しますと、英語とドイツ語の混合文書あるいは一部併記文書は、ドイツ語も英語も技術もわかる人にしか片付けられないと思います。
自動翻訳はどちらの言語も「わかる」人が手を抜くために使うものです。ですからいずれの言語においても中途半端なまま自動翻訳を使うのはかなり危険かと思います。必ずチェックしてもらう必要があります。

快いコメントでなくてすみません。

malte

yubutan 19 Sep 2006

わ~~い。やっぱり、kenjiとmalteさんが、登場したぁ~~!!!
すごいなぁ。

shigeya 20 Sep 2006

期待したとおり、コメントしていただいて嬉しいです。。

必要だったのは、一方的に読むことで、参考文献として読めれば良い程度だったのです。幸い、公式な文書は英語か両方になるらしいので、大丈夫みたいです。当該文書は、あるところの論文らしくて、ドイツ語だけだったようで。。。


まぁ、機械翻訳の質はあてにならないのは仰るとおりなんでしょうねぇぇ。。覚えるにはいい機会なんだけど、それより先に英語をもっとマシにしないと。。。

ありがとうございます。

blog comments powered by Disqus