さて、21日に飛行機にのりました。この節は短い。

幸いなことに席はアップグレード出来てビジネスでした(チケットの値段が高くなったんだから、優先度も高くてあたりまえ)。しかも、席はアッパーデッキの出口席(15A)を奇跡的にとれたので、よかった(UAの747の座席で一番良いビジネスの席と定義されています)。大学からの書類も朝空港で受け取れたので、へとへとになりながらも、これで寝られるかと半分安堵。

最近の国際線のパターンだと、まず飯を食って、くい終わったところで速攻で、持参のハーブティー(これはそのうち紹介しよう)睡眠導入剤の類い(Simply Sleep使ってます)を飲み、ぱっくり寝て、目が覚めたら寝ない。これでだいたい時差ボケはOKという感じになってました。

なので、いつものパターンにそって、ご飯を食べ。。。デザートまで食べたところで、吐き気が。。(笑)。

この後、吐き気と、下るのとで、30分おきにトイレに行く羽目に。そのうえ、後ろの女性二人の親子ずれ(子供が30前後)が、ずーーっとしゃべっているせい(耳栓しても聞こえるぐらい声が大きい)で、全く落ち着けない。普段だったら文句いうんですが、その気力も出ないで、そのままなんとか寝ようと努力しましたが、努力のかいなく。。。セイロガンはいつも持ってるのですが、全く効果無し。

結局、殆ど寝られませんでした。

成田についたら、ここのところ2度連続、多分新ターミナルのオープンと関係あるとおもうのですが、飛行機が沖止めでバス。でもって、バスが、37番ゲート付近までつれてってくれるおかげで、バスにのったのに歩く距離は減らず。。はやく新ターミナル開けよって感じです。。(新ターミナルだと、バスから降りる場所が、パスポートコントロールのすぐ側になる計算)

幸いだったのは、渋谷でマッサージの予約をしておいたことです。マッサージしてもらってから帰りました。これのおかげでかなり助かった。これがなかったら翌日の難局を乗り越えるのは厳しかったかもしれません。

(まだまだ続きます)


Archived comments:

Kenji_JJ1BDX 08 May 2006

私は飛行機の中では常時耳栓かiPodかですねえ.しかし,吐き気とは…それは本当にご愁傷様としかいいようがない.

さよぴ 15 May 2006

普通に考えて、そううるさい人って何でいるのか不思議。
その吐き気は一体なんだったんでしょうかねぇ…
(-_-;ウーン

blog comments powered by Disqus