今日、職場で、インフルエンザの予防接種してもらいました。職員は無料。

みんな順番に会議室にやってきて打つのですが、あの、献血するときのような質問票を書き、ならんで打ってもらいました。接種自体は全然痛くなかった。気がついたら終わっていた。何が違うんだろう。。そうそう、日本と一つ違うのは、体温計ったり、喉を見たりしない点だな。完全に自己申告+自己責任。

今回の予防接種についての情報(紙1枚)をくれたのですが、どのウィルス株のワクチンが入っているか、製造者、ロット番号も書いてある。日本でお医者さんがくれるのより、少し情報が詳しい。

ワクチン自体は、日本で使われているのと同じだそうです。二度打ちはこちらではしてないらしい。上記の情報はかなり細かく書いてあって、起きえる症状(最大二日はのどの渇きでるかも、筋肉痛や頭痛、発熱があるかも)とか、2週間で抗体ができて半年間は効果が継続する、なんてことまで書いてある。ここいらの情報は、相当に徹底してますね。

で、ちょっとワクチンメーカの名前をGoogleしてみたら、vaccine shoppeなんてサイトもあるんですねぇ。。ここに、CDC(アメリカの疾病予防センタ)の流感についての情報なんてページへのリンクがあったので、みてみました。鳥インフルエンザは、Bird Fluとも言うけど、Avian Infruenzaと言うのですね。。むむ。


blog comments powered by Disqus