NetBSDでsamba 3 のcapモジュールがロードできなくて泣いていたのですが、漸く原因つかみました。

libc の中で、nsswitch.confに応じて、名前解決モジュールをdynamic loadする部分が(半ば)実装されているのですが、こいつの中でエラーが起きているのを、副作用として、sambaの側で受け取ってしまって、こけていました。。(涙)こういうサイドエフェクトは無いよなぁ。。

既にsend-prしましたが(lib/27222)、lib/libc/net/nsdispatch.c にパッチすれば直ります。。

Index: nsdispatch.c

RCS file: /cvsroot/src/lib/libc/net/nsdispatch.c,v retrieving revision 1.27 diff -c -r1.27 nsdispatch.c *** nsdispatch.c 4 Oct 2004 04:02:27 -0000 1.27 --- nsdispatch.c 11 Oct 2004 00:38:51 -0000


*** 79,84 **** --- 79,85 ---- #include #include #include + #include

#include #ifdef ELF


*** 301,306 **** --- 302,311 ---- * sources are not yet modules. / / XXX log some error? / + syslog(LOGERR, "nsloadmod: file '%s' not found: %s", + mod.name, dlerror()); + #else + dlerror(); / CLEAR dlerror here anyway */ #endif goto out; }


blog comments powered by Disqus