ことしの初仕事というわけではないですが、2.65 にバージョンアップするのにあたり、オリジナル版の修正点をdiff とって、にらめっこしてみました。ご参考まで。

なお、extlib の下と documentは対象からはずし、MovableType本体のみについて、です。

ConfigMgr.pm

  • IgnoreISOTimezones オプションの処理追加 (XMLRPCServer.pm の変更の関係)

Context.pm

以下のテンプレートタグハンドラを追加

  • IfNonEmpty
  • EntryModifiedDate

加えて、以下の処理の修正が入ってます。

  • MTBlogHost ホストで url 取り出すときに、port番号指定をしていても正しく取り出せるようにした。 → そういえば、今のコードでは、IPv6 場合はまずいですなぁ。。
  • エントリの修正日付をコンテクストで取り扱えるように (EntryModifiedDateとの兼ね合い)
  • 一部 perl での書き方の修正(本質に差は無し)
  • MTDate と MTEntryDate の属性タグで utc=1 を指定すると、gmtime を用いて、GMT日付で文字列を返すようになった
  • MTGoogleSearch で、SOAP::Lite の呼び出し時のエラー処理を改善 (eval で wrap)

XMLRPCServer.pm

この件は、コチラで少し書いていますので、サマリだけ

  • XMLRPCServer オブジェクトの生成に失敗したときの挙動の修正
  • ISOフォーマットのタイムスタンプの解釈時に、タイムゾーンの解釈を入れた
  • Postするときのカテゴリ解釈のバグ修正

default-templates.pl

  • atom.xml の追加

MT.pm

  • version変更

mtsendentry.cgi

  • to/from に改行(CR あるいは LF)コードとカンマが入っているケースで、はねるように変更
  • message パラメータ250文字以上の場合にエラーとするように変更。

日本語版パッチでの差分みてみないとイケナイですが、日本語化に関係する部分にはあたっていないように思われます。

もう少し調査すすめてから、このサイトもバージョンアップする予定です。


blog comments powered by Disqus