人のブログをみていて、書こうと思っていたことを思い出しました。

先月から、総務省/通信放送機構/弁理士会主催の「ITベンチャー知的財産戦略セミナー」に出ています。全5回で、私は東京地区なので、すでに2回済み、あと3回です。

いわゆる知財関連のセミナーで、特許に重点おいたものです。総務省的にも初の試みらしく、初回は、ベンチャー支援関係の研究で有名な、早稲田の松田教授の講演があったり、NHKの取材があったりという感じで、わりと盛り上がりを見せています。

内容は、座学+グループ演習+個別コンサルティングという形式になっています。演習は、グループ毎に弁理士の先生が一人ついて、いろいろ質問にのってくれます。弁理士の先生方も新しい試みらしくて、気合いはいってる感じです。

やはり、この手のセミナーで半日ぐらいの話だと細かい話は聞けないものですが、さすがに、ほぼ全日を5日というのは相当なボリュームで、結構細かい話も聞けています。著作権法はわりと詳しいつもりだったので、ほとんど知っていることでしたが、特許まわりは、まだまだ修行たりないようで、なかなか目からウロコ状態です。

特許関連の話は、チェックしていたのですが、集中的に弁理士の方々と時間とって話す機会もてていたわけではありませんでしたので、なかなか得難い機会を得られたと思っています。

なお、前提として、知財関係の知識がなくてもフォローできるレベルにはなっています。参加している人も、新聞で紹介されているのを見て申し込んだ人もいたりしてITベンチャーとは限らないし、シロウトっぽいひともいるようです。

まだ各地方でやるようですから、5回通して参加するのは難しいかもしれませんけど、興味あれば参加するといいかもしれません。

なにしろ無料というのもポイント高いです。

ちなみに、私は、気持ちの上では、ソフトウエア特許に反対なのですが、なにしろ仕事でやっている以上、必要な範囲で付き合ってゆくしかないと考えています。故に、餅は餅屋に任せるにしろ、最低限の正しい知識は持っておきたいと思っています。


blog comments powered by Disqus