さくらのVPSでの環境を、さすがにvirtio対応にしようということで、作業しました。

前回作業したときと比べると、ISOイメージをアップロードしてそこからブートできます。 そこで、くりやまさんがビルドして配っているvirtioドライバを、mfsbsdイメージに 組み込んで使う事にしました。昨今、FreeBSDはバイナリベースでの更新なので、更新に影響無いかたちで ソースツリーを使います。

以下、作成手順です。

  • Makefileを多少修正する必要があるので、このブランチをチェックアウトします。 (pull requestは出してみるつもり)
  • 自分の環境にあったvirtioドライバをここから拾ってきて、チェックアウトしたディレクト リの下の modules ディレクトリ下に展開します。
  • README-virtio.md にあるように、NKPTを増量したカーネルコンフィギュレーションを作ります。
  • あとは、make 時に USE_VIRTIO=1 KERNCONF=MFSBSD を追加指定してmakeすればOK。 BUILDWORLD=1等は、必要に応じて指定してください。

VPSで使う場合は、conf ディレクトリの下に、設定を適切に設定しておけば、ブートした段階で 外からログインできるようになるので大変便利です。ということで、使っているVPSの数だけ iso イメージを作って使うことにしました。


blog comments powered by Disqus