OmniOutliner for iPad の話を書きましたが、テンプレートでSolarized (lightとdark)というのがあって、なんだと思って、リンクをたぐってみたら、Solarizedというカラースキームがあるのですね。

ポイントは、こんなかんじです

  • 背景2+2色(バックグランド・フォアグランド)、文字類4色、アクセント8色の16色
  • コントラストを注意深く選択している
  • 明るいモードと暗いモードがあるが、切り替えて使うことが考えられている
  • 16色全てを使うことも、そのうちの5色を使う(ベーストーン4+アクセント1) 組み合わせも可能
  • モノトーンの明度(lightness)における対称性を確保しているので、明るいモードと暗いモードを切り替えてもコントラストが同一、など、精度が高い

(英語で色の話書いたこと無いので、間違いあったら教えてください。ガキの頃は勉強してたんだけど)

見ての通り、読みやすいと思います。いろんな端末やエディタでの設定方法がダウンロード可能なので、使ってみると良いかも。

とりあえずは、color picker に設定を入れ、Terminal.app で設定してみました。僕は、普段は、Terminal.app の "Novel" テーマを少しいじったものを主端末に、ログ用追跡ウィンドウに "Homebrew"を使っているのですが、これのDark/Lightの組み合わせでも良いような気がしてきた。Novelは気に入っているのですけど、Homebrewとの差が大きすぎて辛いのが解消できる気がします。

ただ、Terminal.app用のサンプルでは、Novelより少し背景色が明るすぎる気がするので、背景色と選択色を入れ替えました。暫く使ってみるかな。

追記

最近、RubyMine使ってRailsな開発してるんですが、こいつ用の設定見付けました (rubymine-solarized)。


blog comments powered by Disqus