iPhone 用の Amazon Mobile ってアプリが出てます(現在US only)。これについて、いくつか。。

まず、アプリ自体がもっている機能は、

  • Amazon.com のサーチとブラウズ - 単なるWeb browserでないので、見やすいし早い
  • カートとWishlist の参照と活用
  • アカウント操作 - パッケージのトラッキングもできる

ここいらは、想定内。でも、とても良くできていて、amazonから買うなら、これを使いたい感じです。パッケージトラッキングできるのが素敵。今日本だと、指定日に届くのが分かってるから、それほど心配ないけど、アメリカの場合は、とくに、いつ届くのか分からないことが多いので、非常に重宝するはず。

で、想定外だったのは、

  • Amazon Remembers - iPhoneでとった写真から製品を探してくれるサービス

たとえば、Amazon Mobile の中から、VX Revolution のこんな写真をとったとして、

Amazon Mobile Test - VX Revolution

(注意: 撮影した写真はFilm Rollに残らないし、撮影済みの写真にもアクセスできない。この写真は、同じような角度で撮り直した物)

数分で、メールが来て、こんな感じになる。もっと時間かかると思ってたからびびった。

Amazon Mobile Test - Result - VX Revolution

それで、これをどうやってるかというと、Amazon Mechanical Turk(Wikipedia)(英語のみ)という、Amazonが作った、Webサービスを使っているのです。(名前は、The Turkって、自動チェスプレイヤから来てます。実際は裏で人が指しているインチキだったようで、そこをもじっている)

これ、Amazon Web Serviceが開始された当時からあって、注目してます。ここでも書こうとおもいつつ、わすれてたんですが、あまり日本では話題になってないですな。

一言で言うと、Webサービス側から、人の手間がかかる細切れの作業を、リクエストして人にやってもらおうという仕掛けです。言うなら、「内職システム」というか。

元々、検索の精度をあげたりなど、商品ページのクオリティを上げるのに使ってたらしいんですが、これを、このサービスに応用してるわけです。画像検索もつかってるんだろうけど、精度あげるには人手を使った方が良いこともある。結果を複数組み合わせたり、ベリファイする人を別にアサインしたりとかもできる。

これは、かなり可能性ある仕掛けだと思うのですよね。今回のも、一つのアイディアだと思うけれど。

こういう発想のある会社が日本に出てこないのは、なんでだろうなぁ。イノベーティブだと言われる企業は、あるんだけど、なんか、長期的なビジョンとか目的意識の差だろうか。Amazonは、この点非常に明確で、購入ハードルを下げるための仕掛けを作ることに邁進してる。道具が足りなければ自分で作る。

ともあれ、日本でもサービス提供開始されると良いですね。ただ、人力使う以上、日本語分からないとダメな部分とか、ローカリティが高い話は出てくるんだろうな。

US Apple Store にアカウントある人は、試してみると良いかも。


blog comments powered by Disqus