iPhone 3G、つかってそろそろ2ヶ月。

相変わらず、GPSの調子が極めて悪いので(改善したと思ったらダメだった)、firmware 2.1を期待してます。きっと現地時間9日の朝10時に発表されるであろうiTunes 8とともに、ファームウェアは2.1になるだろうと思っます(Jobs も9月と言ってたそうだし)。

で、iPhone、基本的に、まだソフトウエアがこなれていないので、万人にはお勧めできません。まぁ、安定したからといって、誰にでも勧められるモノではなかったのは、最初から分かっていたこと。現状、まだお勧めできません。(キャリアの問題さることながら)

各方面で、「惨敗」とか「おれはこれを予想していたとか」言ってるやついるけど、売り上げが現行のP/N/SHあたりの製品と比べて数がでるなんて、だれも思ってなかったと思うということと、今携帯で満足してる人に受け入れられるかというと疑問だったのは当たり前なわけで、なにをいまさらという感じはある。海外では売れてるみたいですしね。

で、惨敗ってことについてですけど、ほんとに日本国内しか見てないのね。

ここで注意しなきゃいけないのは、GPSが入るかどうかはおいておいて、現行のiPhoneのファームウェアって、non-3G なiPhoneでも動いているということ。そして、おそらく、来年新機種が仮にでてくるとしても、device-specific なフィーチャ以外は、バージョンアップで対応されるだろうということが想像できる。

国産の携帯電話って、機能的な進化は0で、Java Appletで拡張が出来るというのはあるにせよ、コアな部分てのはうったときのまま。ユーザは、新機能を求めて機種変更するのが求められている。

たとえば、WikipediaのFOMAのページを見ると、Original iPhoneが出た6月29日に発売されていたのは904iあたり。今年今最新は906i。来年の今頃は908iが出てる?つまり、世代的には2年間で4世代違うわけだ。おそらく、来年の夏にiPhone 3Gの2nd generationが出てきたとすると、機能的に80%ぐらいの内容は、現行iPhone 3Gでも動くんじゃないかと思うわけです。

日本のメーカは、新機種を出してゆく事によって、買い換えを促してきているわけだけれど、そことの差は明白だと思う。

あらためて、戻って、iPhone は誰にでも勧められるものではない。ある意味、現状では、かなり困ったちゃんで、リスクは高い。でも、ガジェットとして、インターネットデバイスとしては、非常に良くて、他では得られないものを持っているのは事実だと思う。特に、Mac持ってる場合の本体との連携のシームレスさ加減は、驚くほどだと思う。なんもしないでも、ちゃんと動くって事がどれだけ重要か。iTunesで、指せば全部ばっちり同期するのは、当たり前だけど、その当たり前が当たり前でなかったわけで。そこの差をちゃんと理解して使わないと、正統な評価は出来ないんじゃないでしょうかね。

ともあれ、明日のバージョンアップで、何が入るのか、とっても期待してます。一説には、D-GPSが入るって話に期待してますが、その裏で、実は、元々D-GPSのコードははいっていたのに、インフラが間に合わないから、無理矢理抜いた。でもって、抜き方が悪いので調子がわるい端末が出ている、というのが真相なんじゃないかと思ったりしたりして。。

まぁ、絵文字は無いと困る人もいるとおもうけど、ちまたで言うほどワンセグは無くても困らないんじゃないかと思うのだけどなぁ。電車乗ってて、ワンセグ見てるの見たの、過去に2度しかないよ。iPhoneもってる人を見た回数の倍しかないんだよね。どうなんでしょうね。


Archived comments:

gigabytedes 09 Sep 2008

記事を読んでTrackBackさせて戴きました。
iPhone使われているのですね。羨ましい限りです。
OSXを代々使っていますが、Mac OSはファーム/ソフトウェアアップデートで随分快適になりますから、間もなく出るであろう新ファームでiPhoneの動作は改善されるでしょうね。

jisaboke 09 Sep 2008

進化の方向が全然違っちゃったんだなー、と実感します。

私からすると、たまにデッドロックする(なんてことは他の携帯でも起きる。)のを除いては、豪華すぎるほどの高機能マシンで、それでいて、インタフェースのシンプルさも気に入っています。
日本のイマドキの携帯のように、使いこなせないや…とため息をつくような多機能かつ難度の高いインタフェースは、私のような老人にはもう無理かもしれません。

blog comments powered by Disqus