Graffletopiaがオーバホールしたよ、というブログエントリを、「The Omni Mouth » Graffletopia got a pretty hefty upgrade」で見つけました。

Graffletopiaは、OmniGraffleって、OmniGroupが作ってるDrawingソフト用のステンシル(インテリジェントな図形オブジェクト)配布サイトです。かなりいけてるのが多いです。

OmniGraffleは、WindowsのVisioにコンセプトが似てて、Visioほどのプログラミング(図形にプログラムを組み込めるのがVisioの特徴)はできないものの、ユーザインターフェースが良くできている(時々鬱陶しいと思うこともあるけど)のがポイントなのです。

Visioが無いのが、MacOS Xの最大の弱点の一つだと僕は思ってる(今も)のですが、OmniGraffleのおかげで、かなり緩和している。OmniGraffleはVisioのStencilさえ読み込めるのですが、Visioと比べて、少ない。Visioの場合、Stencil売って商売している会社もあって、ネットワーク機器とか、結構購入できて便利なんですが、それがないのが痛いということもあります。

で、話は戻って、Graffletopiaに、割と使えるのがあるので重宝してます。

試してみてください。

でもって、OmniGraffle 5 の新機能でまだ気づいてないものがあるのだと昨日気づきました。便利。別件で、微妙にバグってるところがあってレポートしたんですが、サポートの反応が極めて良いのも、この会社のいいところ。


blog comments powered by Disqus