the Month of Apple Bugsのオーバビューが、Symantecのブログで書かれていて、簡単に分析がでていますが、

あんまりワッチしてなかったんだけど、「MacOS X初の」リモート実行型のカーネル脆弱性が見つかっているようですねぇ。まだ非公開だけど、嫌な感じ(MOAB-31-01-2007CVE-2007-0586)。

CVE でレビュー中ってぐらいですからねぇ。いつ公開されるんだろう。。。

そういえば、Vistaで一番の売りの一つって、実行環境のプロテクションの強化だよね、たしか。なんでみんなそれに言及せんのだろ。これについては明かな前進なのに。。


Archived comment:

近藤@古代図書館 17 Feb 2007

Vista のセキュリティ強化の辺りで、カーネル周りでの強化部分の辺りですよね。
多分 Microsoft の資料を詳しく見ている開発者 (特にドライバ周り) か、アンチウィルス製品の記事とか読んでる人じゃないとほとんど聞いたことがないように思います。

この辺りはアピール度的に一番の売りという程ではないかも。ユーザからは目に見えない部分過ぎて、誰も見てくれないので。

# UAC ダイアログが派手すぎるとも言う。

この辺りは開発者まで揃って「うぜー」って言う辺りです。 orz
この手の情報が出てくると、決まって (意訳すると) 「自分たちが新しいことを覚えるのが面倒だから XP のままでいいよ (ユーザは危険なままでいいよ)」というコメントが大量に付いてきて憂鬱になれます。

blog comments powered by Disqus