ゲーム脳の話が方々ででてますが、この話「トンデモ」だったんですねぇ。ふーむ。

「ゲーム脳」関連記事こちらから[ゲーム業界ニュース]All About Japan

「あなたが殺されても自己責任」!? 日大森昭雄教授03年講演リンク集 (2004/02/14)

このあたり、ボリューム多いので、順次読んでみようと思っていますが…

私も、アメリカから、「猿になるまでやってしまう」タイプのゲームを何本か持ってきている人間ですから、多少ゲーム業界の人の肩を持ちたい気分はあるのです。たぶん、ゲーム業界の人は、ステレオタイプ的に、ひとくくりで悪いと言われたくないんだろうなぁと(ポイすてしない、スモーカのように)思うのです。いやだろうなぁ、ゲームやったらバカになると、ひとくくりにされたら。

でも、脳みそ固まってない子供が、猿みたいにゲームをやるのは良くないと思うのです。悪いことだけではないが、悪いことだっていっぱいあると思う。定量的に測れるとかどうかってもんだいじゃなくね。子供は、走り回って体丈夫にすべきだと思うのですよね。体が資本だし、子供がやるべきことはほかにたくさんあると思うのです。

ゲーム業界、夢売ってる気分ってのもあると思うし、良いゲームは、とても良いと思う。でも、それに限らないのではないかとも思う。なので、何でも良いとは言えないし、なんでも悪いとも言えない。Ultima IVなんて、「正しく生きる人」の概念がうわってなければ、ヒントなしではとけないゲームだし。。

いいものもある、でも、わるいものもあるんだよねぇ~(笑)

あるとき、ゲーム関連の仕事していて、「おれは本当に世の中のためになってることをやってるのだろうか?」と思って悩んだこともあるのですね。

子供のためになるゲーム、つくってほしいな。


blog comments powered by Disqus